麻雀の四字真言食ってかかる四つの動作が一人前
日本の麻雀

麻雀の四字真言|食ってかかる|四つの動作が一人前

今すぐサインアップ

マージャンを食べたり触ったりするゲームは複雑に見えますが、この4つの動作をよく知っていれば、すぐにトランプをマージャンを食べたり触ったりするゲームは複雑に見えますが、この4つの動作をよく知っていれば、すぐにトランプをすることができます。マージャンの達人になることができます。初心者のプレイヤーが早く入ってきて、多くの利益を得ることができます。

麻雀の食べ方

マージャンの食べ方は、家に上がって手に入る手札が順子になるカードをなくしたら食べ方を叫び、家の前に持って行くことです。例えば、家に上がって1枚3万をなくして、ちょうど2、4万を手に入れた時、あなたはこの2枚のカードで3万(2、3、4万順子になる))しか家のカードを食べられないことを忘れないでください。

マージャンはどうやって触るのか

あなたの手札に同じ札が二枚あるとき、残りの三軒は三枚目を落としてカウンターに行けば、ぶつけて、家の前に持っていけます。例えば、二枚の東風があるとき、他の三軒が三枚目の東風を落としたとき、この二枚の札でぶつけることを注意してもいいです。順序を無視してもいいです。この札にぶつければあなたのものです。

麻雀の触り方

あなたの前の家が出したカードが食べられないときや触ってもいいときは、カードを触る必要があります。つまり、前の庄屋がドアを開けたところに行ってカードを1枚触ってもいいです。そうすれば、ゲームがうまく進むので、花の補充と混同しないように気をつけてくださいね。

麻雀の打ち方はどうしますか

3つの動作をするときは必ず間違いがあることを覚えておいてください。1枚のカードを食べると手札から1枚を出します。触っても触っても同じように4つのカードの数が一致することを確保するためです。もしあなたがカードを打つのを忘れたら、あなたはお互いに小さくなります。

今すぐサインアップ