基本的な麻雀スキルが描かれ、カードが数えられます
日本の麻雀

基本的な麻雀スキルが描かれ、カードが数えられます

今すぐサインアップ

マージャンをする前にサイコロの数字を熟知しなければなりません。カード局の中でもっとスムーズに行うことができます。カードから東西南北を取り出して蓋をして混乱させます。その中の1人が3つのサイコロを投げた点数で、誰が東風位なのかを決め、誰が先に取るのかを決めます。蓋をしたばかりの4枚のカードは自分が1から反時計回りに数えます。各プレイヤーがカードを捕まえて対応する位置に移動するとゲームが開始されますよ。

例えば:

単数5、9、13、17時、サイコロをなくした者は東風位であり、サイコロをなくした者自身がトランプを始めた。

基数6、10、14、18時、サイコロをなくした者の下家は東風位で、サイコロをなくした者の下家からトランプを始める。

単数3、7、11、15時、サイコロをなくした人は家に対して東風位で、サイコロをなくした人は家に対してトランプを始めます。

単数5、9、13、17時、サイコロをなくした者は東風位であり、サイコロをなくした者自身がトランプを始めた。

マージャンで席をつかむコツ

麻雀には、誰もが覚えておくべき位置を把握するコツがあります。たとえば、5にロールした場合、5のホモフォニーは私と非常に似ています。したがって、5にロールした場合、あなたは私になります。4の倍数にロールした場合、たとえば、4、8、12、16はすべてホーム、リバースです。サイコロが4の倍数ではなく、偶数の場合、次の動きになります。

マージャンポイント

1.カードのドローを除いて、他のすべては反時計回りです。

2.自己は1、次の家は2、対戦相手は3、前の家は4です。

3.単数は自分自身または対戦相手を指し、偶数は上位および下位の家族を指します。

今すぐサインアップ